22歳のゆるふわ日記

ゆるふわで生きてます

10月分のKyashリアルカード利用額から2%還元されました。

こんにちは。

僕はKyashのリアルカードで日々の支払いしています。

Kyashのリアルカードは毎回の支払いにおいて100円あたり2ポイントが付与されるという還元率の高いカードです。 Kyashは厳密にいうとクレジットカードではなく、プリペイドカードでチャージが必要なのですが、Kyashには自動チャージ機能がついていて、自分の持っているクレジットカードから自動でチャージすることができます。僕は楽天カードを紐づけています。

ゆえに、普段の買い物でKyashリアルカードで2%、楽天カードで1%の合計3%の還元を受けています。

楽天ペイにKyashカードを紐づけることで、さらに還元率が高くなるのですが、そのことについては今度書きたいと思います。

また、Kyashはこの前までシステム障害を起こしていて、自動チャージが使えない状態でした。 決済システムは常にシステムの安定性が求められるもので、僕も他の決済サービスに乗り換えようかなと考えていたのですが、送金リンクを作ってそれをキャンセルすることでKyashのリアルカードにチャージすることができることをTwitterで知って、あまり困ることはありませんでした。

先月の利用額

201810利用額画像

先月の利用額をKyashのアプリから簡単に確認することができます。 僕の先月の利用額は52,778円でした。

10月のKyashのキャッシュバック

201810キャッシュバック画像

先月分の利用額を元に、今月キャッシュバックが行われるのですが、受け取った額は1,034円でした。

Kyashでは利用額を月末に合計しそれに2%還元が行われるわけではなく、決済毎にカウントされているという点に注意が必要です。

例えば、Kyashで120円を決済した時に、100円には2%還元が行われるのですが、20円分は切り捨てられて2%還元を受けることができません。

なので、利用した額よりも実質2%よりも低い比率でキャッシュバックが行われています。

12月からはKyashを使わないかもしれない

最近びっくりするニュースがあったのですが、

www.itmedia.co.jp

PayPayという決済サービスが100億円のばらまきキャンペーンを行なっており、 PayPayを利用すると利用額の20%を還元し、また40回に1回は全額がキャッシュバックされるというキャンペーンを始めると発表しました。 ソフトバンクユーザーやYahoo!プレミアム会員であればもう少し確率が高くなるらしいのですが、Kyashの2%還元と比べると還元率では天と地の差があります。

PayPayが使えるところがまだそこまで多くない

PayPayはまだできたばかりの決済サービスですがPayPayで決済できるところはかなり多いです。しかしながら、KyashのリアルカードはVISAのプリペイドカードでVISA加盟店の数とPayPayでは、まだVISAの方が使えるところが多いです。

とりあえずキャンペーン期間中はPayPayを使う

とりあえずキャンペーン期間中はPayPayの加盟店で決済するときはPayPayを使用して、 PayPayの決済ができないところはKyashのリアルカードを使って決済を行なっていきたいと思います。