20代サラリーマンブログ

普段はコツコツ、時々ワイルドに生きてる22歳のブログです。

極限の節約生活に向けて!Kyash還元率を限りなく2%に近づけました!

Kyashリアルカード

皆さんはいつもどのような決済方法を選択していますか?

以前、日本のスマホ決済サービスの多さが話題になりました。


僕は、PayPayのキャンペーンをやってた時はPayPayを使っていましたが、メルカリでの買い物やAmazonでの買い物ではKyashを利用しています。

今回はちょー簡単にKyashリアルカードの説明をした後に、僕がやっているKyashの還元率を限りなく2%にする方法を紹介したいと思います。

僕が考えるKyashの利点

僕は普段の決済にKyashのリアルカードを愛用しています。

Kyashのリアルカードというのは、Kyashが発行しているVISAブランドのプリペイドカードのことです。

campaign-i.kyash.co

2%の還元率がお得!

Kyashのいいところは還元率が高いところです。

Kyash還元スマホ画面

普通のプリペイドカードは事前のチャージなしに使うことはできませんが、このKyashのリアルカードの凄いところは、自分の持っているクレジットカードと紐づけることができます。

決済が行われた時にKyashの残高が足りない場合は、その紐付けたクレジットカードからチャージが自動で行われるので、普通のクレジットカードと同じように使うことができます。

僕は楽天カードを紐づけていて、

  • Kyashリアルカードの還元率2%
  • 楽天カードの還元率1%

合計3%の還元を毎回の決済で受けています。(楽天Payを使ったりするともう少し還元率が上がります)

厳密にはKyashの還元率は2%ではないのですが、これは後述します。

送金も無料でできる!

Kyashではリアルカードで決済できるだけでなく、送金もできます。

Kyashに残高がない場合には紐づいているクレジットカードからチャージが行われるので、割り勘して送金する時に1%の還元を受けることができます。

ただ、使っている人が周りに2人しかいませんが、僕のブログを読んでいてただいている方にはぜひ使って欲しいです。

実際の画面はこんな感じです。

Kyash送金画面

唯一の欠点

僕が感じるKyashリアルカードの唯一の欠点は

ポイント還元判定が1回の決済ごとに行われる

ことです。

ポイント還元判定が1回の決済ごとに行われるとはどういうことか

例えば、1ヶ月に150円の決済を2回したとします。

合計は300円です。

もし楽天カードであれば、1ヶ月の決済金額合計が300円なので1%還元で3ポイント還元されます。

しかしKyashの場合は異なります。

Kyashの還元は、1回の決済ごとに2%を乗じて算出され、月の決済金額の合計ではありません。*1

Kyashは100円につき2円の還元を受けることができるので、150円の決済をした場合には100円のみが対象となり50円分は切り捨てられます。

ですので、1ヶ月に150円の決済を2回した場合、合計金額は300円ですが、計算対象の金額は200円となり還元されるのは4円分です。

なので、厳密には2%還元ではないんです。

これは、1ヶ月の決済金額合計が300円で計算しているので2円の損となってますが、1ヶ月の決済金額が300円になることなんてないので、毎月切り捨てられている端数分は意外に大きいのかもしれません。

Kyashの利用で最大限2%還元を受ける方法

Kyashの還元率を高める方法は何かないかなと考えていたのですが、ようやく見つかって自分的にもシンプルな方法でできたので紹介したいと思います。

Kyashの2%還元を最大限受ける方法は、KyashからSuicaにチャージしてSuicaで支払いを行う方法です。

Suicaにチャージした時点で2%還元

一番の節約方法は物を買わないことですが、KyashからSuicaにチャージし、支払いをSuicaにすることで還元率を2%に高めることができます。

100円単位でKyashからSuicaにチャージすれば、その時点で2%還元です。

それでチャージしたSuicaで決済を行えば決済金額に端数があっても関係ありません。

もちろんSuicaが使えない場所もありますが、そこはKyashのリアルカードで決済し、Suicaが使えるところはSuicaで支払えばOKです。

僕はiPhoneの中にSuicaが入っているので支払いがとても楽チンです。

マツキヨとかでもSuica使えますし、たくさん使えるお店があります。

詳しくはこちら

www.jreast.co.jp

注意点

Kyashからのチャージの場合注意点が1つあります。

それは1回のチャージを¥6,000以上の金額で行うことです。 そうでなければ、そのチャージの決済は2%還元の対象になりません。

※モバイルSuicaへのチャージ、購入について チャージやモバイルSuicaアプリ内での決済は、6,000円以上(1回のチャージ金額または1回の決済金額)がキャッシュバック対象となります

例:6月に1回のチャージで6,000円チャージした場合は6,000円の2%(120円)が7月末までにKyash残高にキャッシュバックされます。
例:1回5,000円のチャージを2回した場合は、1回のチャージ金額が6,000円未満のため累計額に関わらずキャッシュバック対象外となります。
キャッシュバックについて – Kyash FAQより

手間が少ない節約方法

例えば100m先のスーパーより、1km先のスーパの方が10円やすいからそっちに行くという節約はあまり意味がない気がしています。

ただ、この節約方法はスマホで完結し、支払いもKyashのリアルカードを使うよりもかざして一瞬で決済が完了するので手間がかかりません。

こうやってちょこっと工夫するだけで楽に節約していく方法を今後も考えていきたいと思います!

読者登録はこちら

面白かったらクリックお願い致します(学生ですがすぐリーマンになるので)にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ